Translate

2019/04/14

4月14日 Nexyz戦「3 - 5」敗戦・Tigerpaws戦「3 - 11」敗戦


相手投手が連発した四球で先取点2を上げたゴブリンズだったが、打線はなんと4回までノーヒット。立ち上がりから順調だった渡辺投手も、5回、この重苦しい雰囲気に飲まれたのか、ついにつかまり一挙失点。打線は5回と6回に放ったものの、けっきょくわずか2安打。流れを呼び込むにはやはりバッターの奮起が必要だ。



ダブルヘッダーの2試合目。連続試合の調整に失敗したのか、先発の土屋投手が大乱調!4四死球と被安打4。そこにエラーがからみ一挙8点を失う2回以降は今季初助っ人のカテ遠藤投手の継投で、何とか試合の形を取り戻したものの、いかんせん最初の失点が大きすぎ、そのまま敗戰となった。収穫は、山本選手と夏山選手の今季初ヒット初打点を記録できたことか。

 

2019/03/31

3月30日 SUGAR戦「3 - 10」敗戦



初回、1点を先制されたゴブリンズは、2回表、5本のヒットを集中して3点をあげ逆転に成功する。が、この日、制球の定まらない土屋投手がその裏5点を献上、あっさりと再逆転されてしまう。さらに4回5回と追加点を許したゴブリンズは、3回以降打線が沈黙、終わってみれば二桁失点のワンサイドゲームとなっていた。

 

2019/03/24

3月23日 新宿ぶんぶん戦「5 - 1」勝利

初回、いきなり2安打で1点を先取するも、2回には三者連続三振を喫するなど、その後は投手戦の展開に。が、4回、連続四球を足がかりに中押しの2得点をあげると、6回にはようやく4安打を集中しダメ押しの2点。投げては、渡辺ー岩崎の両投手が好投。1失点のまま6イニングを二人の投手リレーで勝利に導いた。

   

2019/03/10

3月9日 CurryRices戦「4 - 2」勝利




今季試合目は立ち上がり投手戦で始まった。ゴブリンズの得点は、2回に四球と内野安打で得たチャンスにワイルドピッチで1点。3回は四球で溜めたランナーをタイムリーヒットなどで返し3点。両軍合わせても6本のヒットのうちゴブリンズはわずか2安打ヒットの数では負けていたが、明暗を分けたのは得点圏での集中力?か。かつてプロでは「ノーヒットで点が取れるのが強いチーム」との言葉が流布したが、「ヒットを打つことが最高の楽しみ」が、大前提の草野球としては、納得には程遠い結果となった。

 

2019/03/03

2019年3月2日 Tigerpaws戦「5 - 9」敗戦

3回・3打点のタイムリ−

練習もそこそこに早くもオープン戦。今季初試合のためか序盤ヒットがなかなか出なかったが、それでも3回、打者一巡の間に効果的あ4本のヒットを集中させ一挙得点!。このまま流れを呼び込んで勝利へと思ったその裏、5点を失い一気に逆転される。その後も追加点を取られと、ゴブリンズは点を返したのみで敗戦。初勝利は次回と言うことになった。

 

2018/12/02

12月1日 CurryRices戦「5 - 4」勝利




8回裏:逆転シーン


9回表:土屋投手セーブシーン  その1



   9回表:土屋投手セーブシーン  その2


ゴブリンズ30周年記念試合。久々に高橋GMの参戦でプレイボール!。先取点はゴブリンズ、が、無難な立ち上がりを見せたはずの渡辺投手が突然乱れ3点を献上、逆転される。そのままゲームはこう着状態に。

すると八回、マウンドを引き継き好投を続けていた岩崎投手だったが、ライト前に打たれた平凡なフライを、高橋GMがマズい守備で後逸、ボールが点々とする間にバッターランナーがホームイン!、2点差に広げられてしまう。


ダメ押しとも思われた追加点に「このまま負けるのか?」と思われた八回裏、内野安打と四球で出塁したもののすでに2アウト、が、ここで岩崎、土屋両選手の起死回生連続ライト前タイムリーで2点を返し逆転!。


最後は土屋投手が見事なクローザーぶりを発揮し、劇的な逆転勝利で「30周年記念試合」と「2018年最後のゲーム」を勝利で収め、同時に勝率5割に戻し、いろいろ有ったシーズンを何とか気持ちよく終了することが出来た。


 

2018/11/25

11月24日 SUGAR戦「4 - 3」勝利


   
上・ゴブリンズカメラ 下・シュガーカメラ

久々になる試合、相手も人数不足でこちらにきていた助っ人2人を相手側で参加してもらいプレイボールとなった。序盤なんとSUGAR側での参加となった佐藤選手の活躍もありいきなり2失点となる。その後は両陣営決定打にかけ20のまま終盤へ。6回に1点の追加点を取られた直後、岩崎選手のHRと沼口選手のタイムリーで同点へ。さらに最終回に山本選手のサヨナラタイムリーにて勝利!今年SUGAR2勝目を飾った。